Column

空き家にかかる管理費用について

2022.08.22



空き家は、管理などの費用がかかってしまうことをご存じでしょうか。
実は、管理費用だけで年間何十万円もかかるケースもあるのです。
そこでこの記事では、空き家にかかる管理費用と活用法について紹介していきます。

▼空き家にかかる管理費用と活用法
■空き家にかかる管理費用
空き家は、所有しているだけで費用がかかります。
例えば、固定資産税・都市計画税・水道光熱費などが考えられます。

また、災害リスクに備えて地震保険などをかけているケースもあるでしょう。
地域や保険などの契約条件など不動産によって違いはありますが、年間で30万円以上かかる場合もあります。
空き家をお持ちの方は、毎年かかっている費用を確認してみてください。

■空き家の活用法
空き家の管理に困っている方は、手放してしまうのも1つの方法です。
しかし古い空き家は、なかなか買い手が付きにくいこともあるでしょう。

その場合は、解体して更地にしてから売り出すのもおすすめです。
もちろん解体後に土地を貸し出すこともできます。
なお建物を解体すると土地の税金が高くなるため、活用法に詳しい不動産に相談してみると良いでしょう。

▼まとめ
空き家にかかる管理費用は、税金や保険料などで年間30万円以上もかかる場合があります。
自分で修繕などをする場合は、お金だけでなく手間もかかるでしょう。

空き家の管理に困っている場合は、売却や解体などをするのがおすすめです。
また解体して更地にすると、買い手が付きやすくなります。
弊社は解体工事も行っておりますので、解体をお考えの方はぜひお問い合わせください。

最新記事

  • New

    2022.12.01

    土地活用の種類

  • New

    2022.11.22

    駐車場の造成工事の耐用年数と費用相場について

  • New

    2022.11.15

    中間処理と最終処分の違いについて

  • New

    2022.11.08

    水道工事の費用相場について

  • New

    2022.11.01

    新築工事の流れを左右するポイントについて

アーカイブ